スポンサーリンク

【台湾留学ブログ】【お役立ち情報①】免許証は台湾で取ろう!6万円で取得可能!

お役立ち情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めに

台湾に留学する前に、無理に免許を取ろうとしてませんか?

台湾に①年以上留学する予定がであるのでば、台湾で免許を取るのも1つの選択肢としてぜひ考えてほしいです。

スポンサーリンク

台湾留学中に免許取得するメリット

台湾で免許を取得する主なメリットは2つあります。

メリット①費用が安い

1つ目のメリットは、費用が安いことです。
日本で免許証を習得する約5分の1の金額で免許証を習得できます。

日本で免許を取るよりも圧倒的に安いですよね。

日本で免許証を取得してすぐに台湾に来てしまい、ペーパードライバーになるくらいなら、
台湾で免許証を習得したほうがお得だと思います。

私が台湾で免許を取得した際は、全て含めて6~7万円で免許証を取得できました。

メリット②国際免許証として使用可能

いくら安いからといって、日本で免許証として使えなかったら取得する意味がないですよね。

しかし安心してください。

台湾で免許証を取得して取得後3ヶ月間台湾に滞在すれば、その後は日本の免許証に変更も可能です。

日本より5分の1の費用で免許取得でき、日本でも免許証として利用可能なので、
個人的には、台湾で免許証を取得しない理由が見当たりません。

スポンサーリンク

台湾留学中に免許取得する注意点

ただ、台湾で免許証を取得する前に知っておいて欲しい注意点があります。

注意点①台湾は左ハンドル

一番注意してほしいのが、台湾は日本と違い左ハンドルだということですs
台湾は左運転のため、台湾の運転になれてしまうと
日本に戻って運転するとなるとなれるまで時間がかかる場合が有ります。

左ハンドルと右ハンドルという違いがあることを、免許証習得する前に知っておいてほしいです。

注意点②日本みたいに丁寧でない

日本は世界で一番免許を取得するのが難しいようです。
言葉を変えれば、その分丁寧で事細かに授業をしてくれるということです。

台湾での授業は、日本みたいに丁寧ではありません。
日本のように手取り足取り教えてくれるというよりかは、自分で学んでいきます。

理解できなければ、自分から担当のコーチに質問をしなければいけません。

また、試験も日本のようにそこまで難しくはありません。

台湾は2.3年前で路上での実技試験は行われていませんでした。
教習内でテストに合格したらもう免許証を取得できていたんです。

今は路上でのテストもあり、年々テスト内容も難しくなっていますが日本に比べるとまだまだです。

台湾は運転して慣れろ!精神が強いです。

注意点③中国語力は必須

台湾で免許証を取得しようよすれば、ある程度の中国語が必要です。

運転の方法を教えてくれるコーチは、基本的に中国語しか話せません。
そのため、中国語でコミュニケーションを取れる必要があります。

コーチによっては、英語も話せる人はいますが人数は多くないです。
(私の教習場にはいませんでした)

スポンサーリンク

台湾留学中に免許取得までの内容

台湾では大体1ヶ月で免許証を取得します。

1ヶ月という短い期間で必要な技術を身につけるので毎日のように教習所に通うのが一般的です。

私の教習所では1週間に5回ほど1~2時間の実技の練習があり、それに加えて土曜日に三回ほど講習会がありました。

実技テストが教習場内と路上で各1回ずつ、それに筆記試験があります。

筆記試験に関しては、
教習所から模擬問題と教科書はもらえますが基本的に自分で勉強になります。

日本語でもテストを受けることが可能です!

スポンサーリンク

台湾で免許取得にかかる費用

授業料金が6万円前後。 テスト料金が1回5000円。 身体検査で1000円。

費用は各教習所によって変わってきます。南部に行くにつれて安くなるようです。
テストに落ちるたびに追加でテスト料金5000円を払う必要があります。

日本で免許証を取るよりもまだまだ安いですが、費用は年々高くなっています。

スポンサーリンク

台湾で免許取得の際に受けるテスト

免許取得まで合計で3つのテストに合格する必要があります。

テストは、筆記試験→教習内で実技テスト→路上テストの順番に受けます。
筆記試験に落ちたら、次の実技テストは受けさせてもらえず、次回のテストに参加する形になります。

テスト1回につき5000円かかるので、できるだけ1回合格できるように頑張りましょう。

スポンサーリンク

日本の免許切り替え条件

台湾で取得した免許証を日本の免許証に変更する場合、
台湾で免許証取得後台湾に合計3ヶ月以上滞在していなければいけません。

各都市によって、免許の切り替え方がちがうので、詳しくは自分の市町村に問い合わせてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました