スポンサーリンク

【台湾留学ブログ】台湾留学4年間でかかった実際の費用を大公開【進学方法④】

進学方法
スポンサーリンク

留学で一番気になるのが費用!金銭面が不安でなかなか留学に切り出せなかったりしますよね。

今回の記事では、私が台湾正規留学4年間でかかった実際のトータルの費用を公開します。

台湾への留学を考えている人は是非参考にしてください!


今回公開する費用は、あくまで台湾現地でかかった費用で、日本で中国語を学ぶ際にかかった費用や一時帰国時航空券などは含んでいません。

スポンサーリンク

台湾留学でかかった費用~前提~

台湾留学4年間で使った費用を公開する前に、私の台湾生活での前提をお話します。

前提は以下のとおりです。

前提①.4年間学費と寮費が半額になる奨学金を貰っていた

前提 ②.4年間学校の寮に住んでいた

前提③.3年生の半年間、マレーシアに留学していた

奨学金がない場合や、外で1人暮らしなどをすれば費用は変わってくるので、一つの参考としてください。個人的にですが、私の台湾留学の費用は周りと比べても平均的だと思います。

スポンサーリンク

【公開】台湾留学4年間のトータル費用

私が、4年間の台湾留学(内半年はマレーシア)でかかった費用は合計で265万円になります。

仮にマレーシアに行っていなくても同じような金額になると思います。

台湾留学費用の詳細

私はありがたいことに両親から学費、生活費を出してもらっていました。
毎学期30万円ほど貰い、そのお金を学費、寮費、生活費にあてていました。

台湾の大学は2学期制なので、4年間で計8回30万円を貰っていました。

大学の一番最初の学期は多めにと50万円ほど
マレーシアへの交換留学の際は5万円ほど多めに出してくれました。

そのため、4年間のトータルで265万円になります。

スポンサーリンク

台湾留学1学期間の費用詳細

次に毎学期30万円をどのようにして使っていたかを紹介します。

30万円の約半分を1学期の学費、寮費として支払っていました。
学費、寮費がおよそ13~14万円です。

学費、寮費を支払った残りを4か月で割り、1ヶ月約4万円ほどで生活していました。

4万円は現地の通貨で約1万元。
1ヶ月に1万元あれば、美味しものを食べたりお出かけしたり楽しく生活できます。

私は1ヶ月に4万円も使わずに節約し、フィリピンやタイなどに旅行に行ったりもしてました。

台湾から安く行ける国て意外とあるんです。

気になる方は”台湾から往復2万円で海外旅行に行こう”CHECKしてみてください。

スポンサーリンク

終わりに

私の場合は今回公開した265万円に加えて、日本で中国語を勉強した費用と日本に一時帰国する際の費用がかかっています。


個人的には日本の私立大学に4年間通う学費と、日本での中国語勉強代、現地での全ての生活費、そして一時帰国時の費用全てを合わせた金額が同じくらいだと思います。

今後台湾正規留学を検討している人の、参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました