スポンサーリンク

【台湾留学】【留学のリアル①】台湾の大学に留学して4年間で本当に卒業できるのか。

留学のリアル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めに

日本の大学は入学するのは難しいけど、卒業は比較的簡単。
海外の大学は入学するのは簡単だけど、卒業は難しいって聞いたことないですか?

今回は台湾留学のリアル①台湾の留学に進学して4年間で卒業できるのかについてお話しします。

スポンサーリンク

台湾に留学、卒業事情

台湾の大学に留学して4年間で本当に卒業できるのか。
結論から言うと、大学や専攻学科またはその人の頑張りによって大きく異なります。

個人的には、4年間で卒業できる可能性は十分にあると思います。

台湾の各大学による卒業事情

私の大学では、全学年含め10~15人の日本人がいましたが皆4年間で大学を卒業していました。

しかし、国際生だけでなく現地人も含めて1年ほど留年するのが当たり前のようになっている大学もあります。

各学科による卒業事情

わたしの大学でも学科によっては留年をしている人が多いところもありました。

日本でもそうですが、医学系や薬学系は授業数が多かったりインターンシップの関係で留年をする傾向がありました。
実際に、現地学生の看護学科知人は1年ほど留年していました。

スポンサーリンク

国際生と卒業事情

国際生の中ではも、入学当初時点で中国語があまりできていないと留年しやすい傾向があるような気がします。

私の大学では韓国人の人たちが留年している印象がありました。

スポンサーリンク

台湾正規留学と退学

私の大学では、正規留学に来て退学をしたという日本人はいません。
しかし、違う国の国際生で退学をした人を5人前後知っています。

また私の大学ではないですが、日本人の子で台湾の大学を退学したという話もたまに聞きます。
基本的に大学1年生の時に、台湾という国が合わない又は大学が合わないと退学する人が多いです。

スポンサーリンク

番外編~大学で義務つけられているインターン

台湾の大学で観光学科を専攻した場合、多くの大学で6ヶ月間のインターンが義務付けられています。

インターン先によっては、現地の学生たちでも弱音をあげたり途中でやめたりすることが少なくないそうです。
インターン先の環境が合わず軽い鬱になっていた知り合いもいます。

スポンサーリンク

最後に

個人的な見解ですが、日本人は比較的台湾に馴染みやすいのか、私の知り合いはみんな台湾生活を楽しんで卒業しています。
授業にちゃんと行き、課題をしてと学生としてすべきことをきちんとしていたら4年間で卒業できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました